起こりやすい病気と予防

慢性副鼻腔炎について

原因と症状

  • 正常の鼻腔(鼻のあな)は副鼻腔と自然孔という細い孔で交通しています。鼻腔、副鼻腔は薄い粘膜で被われていて、中は空気で満たされています。
  • 副鼻腔には、上顎洞、篩骨洞、前頭洞、蝶形骨洞があります。
  • これらの副鼻腔粘膜が、細菌などの感染やアレルギーによって浮腫(むくみ)を起こして、自然孔が詰まり、分泌物が溜まった状態が副鼻腔炎です。最近は、アレルギー性鼻炎が悪化して起こるものが増えています。
  • 急性のものは風邪の後に起こりやすく、膿性の鼻汁が出て、頬が痛くなったり腫れたりします。
  • 慢性になると鼻にポリープが形成され、いつも鼻がつまって、汚い鼻が出て、額のあたりが重たい感じになったりします。また、においがわからなくなることもあります。お子さんでは、口を開けっぱなしになったり、集中力が低下するなどの変化が見られます。

治療と症状

  • 治療は鼻のネブライザー(吸入療法)を行い、分泌物が排泄されやすいようにします。
  • また、消炎酵素材(粘膜の炎症を抑える薬)を服用し、急性期には抗生物質の内服も併用します。
  • 慢性化したものではマクロライド剤を内服します。これは従来、抗生物質として使われていた薬ですが、最近この薬が生体の免疫を高めて、粘膜の炎症を改善することがわかってきました。飲み方は通常量の半分の量を2-3ヵ月続けて内服します(少量長期投与法)。
  • アレルギーの素因のある人では、抗アレルギー剤の内服や点鼻薬を併用します。
  • 小児では感染を反復しやすいので、その都度きめ細かく状態を把握し、適切な治療を続けることが必要です。
  • 鼻のレントゲンで影が強かったり、鼻のポリープがたくさんあるようなお子さんでは、完治までには数年間を要することもあります。
  • 中学生くらいになっても症状の改善が見られない場合は、手術療法も考慮します。
  • 最近では、内視鏡ビデオシステムを使用して、病変部位をモニターに映し、悪い部分だけを鉗子で除去する方法が行なわれています(内視鏡下鼻内手術)。
  • この方法は体への負担も少なく、術後に頬がしびれたり、再び膿が溜まること(術後性頬部嚢腫)の発生などの副作用が少ないといわれています。
  • この手術方法により約90%の人が完全に治癒します。
  • 軽症例では、外来手術で鼻のポリープを切除したり、腫れている粘膜をレーザーで焼灼することにより軽快することもあります。

お子さんでは特に感染を反復しやすいため、その都度、適切に対処する必要があります!

前のページに戻る